賃貸を知ろうよ!

カフェよりレンタルオフィスで仕事がしたい

外勤や出張が多い人などはカフェをちょっとした仕事スペースとして使っている人も多いみたいですね。カフェはおしゃれでお茶をしながらリラックスした状態で仕事ができます。これはとてもいい事ですね。

でも、取引際から電話がかかってくると、周囲がざわざわしているので、電話の音が聞き取りにくい、また声がつい大きくなるとマナーに良くない、長時間使い続けるという事が難しい、など問題点もあります。

カフェはオフィスではないので、仕事をするには向かない点もあります。そんな問題を解消したのがレンタルオフィスでしょう。

ちょっとした隙間時間を見つけて仕事ができるレンタルオフィスは便利ですね。

レンタルオフィスを会議室として利用する2つのメリット

レンタルオフィスを会議室として利用すると、会社の社長の威厳が周囲の人達へ伝わります。室内は大企業が所有していそうな雰囲気があるため、中央の立派な椅子に座ればそれだけで威厳が増したように見えます。ただ、椅子が心地良いのはわかりますが、借り物なのであまり寄りかからないほうがいいです。

レンタルオフィスはお金がかかっているため、利用するといつもよりも集中できるのもメリットです。集中力が増してくれば、普段よりも良案が次々と飛び出してくるかもしれないです。そうなれば、部屋を借りて会議を開いた甲斐があったというものです。

レンタルオフィスを好みの環境で選ぶ

レンタルオフィスを利用するメリットは数多くあると思いますが、その一つが自分の気に入った環境、ビジネスに都合の良い環境を選んで、素早く手軽にオフィスを借りることが出来るという点ではないでしょうか。そのシーズンごとに借りる場所を変えたり、その時々の都合に合わせてフレキシブルに移動が出来るのもレンタルオフィスならではのメリットです。

借りているだけということですから、身動きがとりやすいのです。変化の多い時代だからこそ、このようなレンタルオフィスの利点を活かして、機動力のあるビジネスを展開していきたいものですね。

レンタルオフィスの施設維持費について

起業する時にまず必要なことは仕事をする場所を決めることです。社員の人数に合わせた広さのオフィスを構える必要があります。その選択肢の一つにレンタルオフィスがあります。

東京や大阪などの大都市にはもちろんさまざまなタイプのレンタルオフィスがあり、一等地のオフィスならば名刺に誰もが知る住所が載るので、それもメリットの一つとなるでしょう。

維持費ですが、コピー機やデスク、インターネット環境が月々のレンタルオフィスの賃料に含まれているプランもあり、それでも10万円以下で利用できるところも多いです。必要があれば、他にオプションで受付や秘書サービスを選ぶこともできます。

都内のレンタルオフィスを契約する

レンタルオフィスは、個人経営者など資本金がない経営者にとって格安で都内においてオフィスを構えることができるのでとてもメリットがあります。

従業員なども雇う必要がなく、オフィスを契約する場合に、あらかじめ電話受付のサービスなどを申し込んでおくと、自分の携帯電話につないでくれるサービスなどもあるので、非常に使いやすいです。

都内などでオフィスを構えることが資金的に困難であっても、非常に安い金額でオフィスが準備できるので、ビジネスの交渉などでも非常に便利に使えます。また、解約なども簡単にできるので、すぐにやめることもできます。

社長だけでないレンタルオフィスの利用

会社の社長だけがレンタルオフィスを利用しているという印象もありますが、実際にはそんな事はありません。

レンタルオフィスは、そんなに敷居が高い場所ではなく、仕事の他にも資格試験などの勉強をするのに集中できるスペースが欲しいという事でレンタルオフィスを利用している人もいます。

レンタルオフィスは、仕事や勉強に熱心に取り組まないといけない時には、気軽に利用する事ができます。そのため、仕事をしている人の中でも、サラリーマンもよくレンタルオフィスを利用している事もあります。自宅を仕事場としている人もいますが、集中できないと感じる様な事があれば、環境を変えてみるのもいいでしょう。

レンタルオフィスに関する記事