賃貸を知ろうよ!

交通事故慰謝料

もちろん、ケース別に細かく交通事故の慰謝料が決められています。しかし、おおまかな相場というのはあるそうです。

慰謝料が高いのか、安いのかという事を判断するのは難しいと思いますが、相場が分かっていると判断しやすいのではないでしょうか。

相場と比較してこの位であれば仕方ないな、と諦めが付く事もあるでしょう。時には大幅に相場から異なる事もあり、できるだけ相場に近づけたいと考える人もいるでしょう。

交通事故では外傷だけではなくて、むち打ちになったり、骨折をしたりという事はよくあるそうですね。そこで診断書が大事になってきます。詳しい事を知りたい人は交通事故弁護士に尋ねてみましょう。

保険会社との交渉を交通事故弁護士に代行依頼

交通事故の被害者は加害者に損害賠償請求をすることができます。賠償金をいくらもらうかについて話し合いをするのが示談交渉です。示談交渉では、加害者側からは保険の示談代行サービスにより保険会社の担当者が交渉の席に着くのが普通です。保険会社は示談交渉のプロであり、加害者から被害者への賠償金を実際に支払う立場にありますから、安い賠償金で時短に持ちこむ可能性があります。

そのまま応じてしまっては損をしてしまいますが、被害者に知識が乏しいと正当な金額で交渉するのは困難なので交通事故弁護士に相談をして正当な金額で交渉してもらえるよう示談代行を依頼するのが一番です。

交通事故に強い弁護士

交通事故に強い弁護士は「判例時報」や「自保ジャーナル」などを見ればわかりますが、一般の方が目にするものではありません。

疑問を解決する弁護士は大阪弁護士会所属弁護士法人みお!交通事故の慰謝料を相談。専門チームによる事故解決で損害賠償、慰謝料診断できますよ。

示談金や慰謝料は弁護士に相談で解決。

大阪、京都、神戸で人気の弁護士事務所です。

大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号

近年では交通事故は減っている傾向にあります。それにはあらゆる要因が関係しているのではないでしょうか。まず最初に車が普及し始めたのが高度経済成長期の頃で当時は安全性というよりも、車を持つ事に重点が置かれていたのではないでしょうか。

最近では、シートベルト装着の義務化、安全性の高い車が開発されたり、飲酒運転の取り締まり強化などにより人々の安全意識も高まりつつあります。

これからも交通事故をなくして、安全性を向上させる事が今後の目標となるのではないでしょうか。

相手の行状で、交通事故慰謝料がアップするケース

交通事故の賠償金の計算方法は、はっきりと決まっています。基準が数字できっぱりと決まっていて、それに当てはめて算出します。

交通事故はその他の事故に比べて件数が非常に多いため、個々の事情に対応してケースバイケースで決めるのではなく、類型化して機械的に算出するようになっています。

しかし、相手の行状によって、交通事故慰謝料がアップされることがあります。慰謝料増額事由というのがあり、ひき逃げ、赤信号無視、飲酒運転、否認、証拠隠滅、被害者への責任転嫁、加害者側からの訴訟提起などがそれに当たります。

これに該当すれば、弁護士に依頼した場合、交通事故慰謝料がアップすることがあります。

交通事故慰謝料が適用になる治療期間

交通事故は起こしたくなくても起きてしまうものです。起きてしまった時は慌てず、警察と相手の保険会社に連絡をしましょう。

治療期間は継続して半年間、日額4000円の交通事故慰謝料と交通費が出ます。ここまで通い続けると、保険金詐欺と疑われる可能性がありますが、本当に悪いのならば話は別です。

半年間を過ぎた場合は、交通事故慰謝料の金額は約半額になります。しかし一度契約終了を申し出たら、その症状が悪化したり改善しなかったり、後遺症などの症状が出たとしても保証はありません。もちろん書面上でその契約を交わしますので、被害者は泣き寝入りするしかなくなりますので、きちんと適正な治療を受けるようにしてください。

交通事故慰謝料では交渉が重要

交通事故慰謝料は、保険会社が独自に定める金額が支給されますが、交渉によって金額が変動することがあるということに注意が必要です。

例えば、相場が100万円だったとしても、保険会社の担当者が「50万円で示談しませんか?」ともちかけて、被害者が了解をして、サインをしてしまったら、相場よりもかなり低い金額で示談が成立してしまいます。交通事故慰謝料では、しっかりと相場通りの慰謝料をもらうために、納得が行くまでは示談書にサインをしないことが重要です。

素人ではいくらの金額が相場なのか、判断が難しいので、交通事故弁護士に相談だけでもしておきましょう。

自賠責保険と交通事故慰謝料との関係性

誰でも交通事故の被害者にはなりたくありませんが、残念ながらどんな人にとっても、その可能性はゼロではありません。加害者になってしまう可能性も同様です。 自家用車をお乗りになる方は、当然、自賠責保険に加入されていることと思われます。これは強制加入なので、車をお持ちの方は加入されているのが当たり前の保険です。

そして、交通事故の場合に発生する慰謝料というものがあります。私たちは、交通事故の慰謝料と聞いたとき、交通事故の被害に対して支払われる、賠償金のことだと思いがちです。ただ、厳密に言えばそれは間違いです。

交通事故慰謝料というのは、実は賠償金のうちのひとつの項目を指しています。自賠責の場合には、「入通院慰謝料」と「後遺障害慰謝料」のふたつが対象です。つまり、人に対しての被害に対してのみカバーされます。支払われる金額は、入通院の場合は計算式で、後遺障害の場合には、細かい等級分けによって決められます。 もしも、交通事故の被害に遭われた場合に、自賠責だけで被害金額が満たせたとすれば問題ないのですが、それだけでは足りないこともあります。

特に大きなけがなどをされて、後遺症も深刻などの場合、自賠責だけでその治療などにかかる金額を満たすことは、難しいのが現状です。 このような場合に備えて、多くの方々が加入されているのが任意保険です。任意保険でカバーできる範囲は、もちろんその保険によって異なります。ただはっきり言えるのは、保険によって違いはあるものの、自賠責保険よりは補償範囲が広い保険である、ということです。 交通事故慰謝料が発生してしまう状況には、誰しもなりたくありませんが、その万一に備え、保険はあります。

交通事故慰謝料額と入通院の関係性

不運にも交通事故に巻き込まれたとき、自分の怪我などのほかにも様々な心配事が生じてきます。学校や仕事のこと、家庭のこと、金銭的なこと等々。交通事故慰謝料とは交通事故にあったことで生じる様々な精神的苦痛を金銭で補償するというものです。交通事故慰謝料には入院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料があります。 ここで入通院に関して述べてみます。その慰謝料の算出方法には三つの異なる基準が設けられています。

先ず自賠責保険基準です。一日あたり4200円と定められています。被害者の様態、実日数その他を勘案して治療機関を定めており、また妊婦が胎児を流産、死産したときには別に慰謝料を設けています。

自賠責保険基準の計算は治療期間(事故当初から完治まで、もしくは症状が固定するまで)と実通院日数(入院した日数と実際に通院した日数を加え二倍にした日数)の少ない方を基準に計算します。

二つ目は任意保険基準です。これは各々の保険会社が独自に設定しているもので公表はされていません。自賠責基準よりは高めの慰謝料が設定されています。

三つめは弁護士基準ですが、これは自賠責基準や保険会社基準よりもかなり高額に設定されています。 日数やダメージを勘案して設定されている入院慰謝料ですが、これは悪まで慰謝料であり、休業補償とは異なります。

交通事故慰謝料に納得できない場合の対処法について

交通事故慰謝料に納得できない場合の対処法として、一番確実な方法は、弁護士に相談をするということです。弁護士にも得意・不得意があるので、交通事故問題に強い弁護士を選ぶことが重要です。交通事故問題を専門に扱っている法律事務所が一番良いかもしれません。専門の法律事務所では、相談だけなら何度でも無料で受けてくれるところもあります。

交通事故慰謝料に納得できない場合、自分で相場を調べて請求をするということもできますが、成功する可能性は低いです。加害者が無知である場合には、交渉がうまくいく可能性もありますが、相手が保険会社の担当者である場合、知識も経験も豊富なので、有利な交渉を進めることは難しいです。

また、交通事故慰謝料が一番高額になるのは裁判所基準で算定をした場合ですが、この基準は弁護士が代理人となって裁判をした場合に認められるであろう基準なので、個人で交渉をしても裁判所基準で算定をした慰謝料の金額が認められることは少ないです。

結論として、相談だけでも弁護士にするというのが一番良い対処法となります。正式に依頼をすると着手金と成功報酬がかかりますが、基本的にはメリットがない場合に弁護士が依頼を受けることはありませんし、相談の段階でしっかりとメリットを確認しておけば失敗することはないでしょう。

交通事故慰謝料の請求について

交通事故には様々な事例があり、被害者が追ってしまった怪我による入院や治療、さらに仕事を休まなければならなくなってしまった場合の補償などに関しては、交通事故慰謝料を請求することによって賠償が受けられます。

個人同士での話し合いや交渉がスムーズに行われない場合は、弁護士や司法書士などの法律専門家へ相談依頼を持ち掛けることにより、問題が解決する場合もあります。法律についての正しい知識や情報を取り入れながら判断できるようになるため、より的確な対処が行われるだけでなく、より大きなトラブルに発展させないためにも大切です。

交通事故弁護士の記事

おすすめ

おすすめしたいサイトを集めました。

チェック!

更新日:2013年4月19日