賃貸を知ろうよ!

過払い請求

最近では、弁護士事務所や法律事務所が過払い請求を行いたい債務者に向けて積極的に広告を出したりしています。

しかし、過去に実施された法律改正により、現在では消費者金融に対して借り入れをしても過払い金が発生しないシステムになっています。

ですので、将来は消費者金融に対して過払い請求を行う事ができる人は減るだろう、と思います。

現在、過払い金が発生しているという人でも、時効が過ぎると消費者金融に対して請求できなくなってしまいますので、更に時間と共に該当する人は減ると予想されます。

現在借り入れしても過払い請求ができない可能性が高く、利子を余分に支払い過ぎているのではという心配をする必要はあまりないかと思います。

過払い金請求をしたにも関わらず延滞

過払い金が有り、過払い金請求をしたにも関わらず延滞してしまったと言うことはございませんか。そういった場合は、貸金業者が悪質であることが考えられます。

そこで、こうした悪質な貸金業者から過払い金について、過払い請求を行うのは、弁護士に代理人依頼をするのが通例です。

弁護士に、法定代理人の依頼をすると、あなたに代わって、法律に基づいて、請求を行ってくれます。また、回収を行うのも弁護士が早いのが一般的になります。

個人でもし、請求をしたとしても、個人の場合は応じてもらえないコトが多いので、法律の専門家に依頼しましょう。

過払い金とローンの問題

ローンの返済方法について悩んでいることがあれば、実績のある法律事務所の弁護士に問い合わせをすることが有効です。

近頃は、過払い請求の方法について、ネット上で度々情報交換が行われるようになっており、いざという時に備えて、便利な知識を身につけることがおすすめです。

また、過払い金に関する問題を解決するには、ある程度の時間が必要となることがあるため、相性の良い弁護士を見つけることがポイントとして挙げられます。

その他、過払い金の返還の手続きの取り方をマスターすることで、早期に落ち着いて対応をすることが可能です。

リスクを減らす債務整理

債務整理を行うことはあくまでも最終手段に過ぎません。

借金の問題は時間と共に解決が難しくなります。

本来であれば借金をする時点で、確実に返済ができるのかを判断する必要があります。
借金はリスクとなりますので、できる限りリスクを減らす努力が必要です。

そして、もしも返済が厳しくなりそうなら借金を控えるべきです。借金した分は利子と共に必ず返済しないといけない時がやってきます。

金銭的な状況はすぐに良くなることは難しいでしょう。
できる限り債務整理を行う前に解決できるように心掛けましょう。

弁護士に依頼する過払い利息があれば返ってくる

カードローンなどを利用してお金を借り入れる際の利息は、利息制限法という法律で限度が定められています。たとえ、すべてを完済していても、借り入れを始めてから完済するまで、またはまだ返済中のひとは現在までの間に、法定の限度を超えて返済していたなら、超えた分つまり過払い金を返還するよう請求することができます。

ケースにより、契約内容が異なるので、過払い請求できるかどうか、できるとして、いくら返って来るかはわかりません。弁護士事務所では無料相談を受けていますから、まず、返した借金が返ってくるかどうか弁護士に相談してみましょう。

大阪での過払い請求と事例について

大阪や京都における過払い請求の事例を確認したい場合には、ある程度の期間が必要となることがありますが、腕利きのスタッフが在籍している法律事務所を選ぶことが重要です。

一般的に、過払い請求の手順を理解するためには、高度な知識が要求されることがあるため、空き時間を使いつつ、信頼のおける司法書士や弁護士などから助言を受けることが欠かせません。

また、成功事例が多い法律事務所のメリットについて知りたいことがあれば、相談会などのチャンスを上手く利用することによって、誰しも役立つ知識を身に着けることができるようになります。

過払い請求と区別すべき債務整理

大阪でも、数多くの弁護士事務所で過払い金の請求手続きに応じてくれます。家族、友人に秘密にしておきたいケースでもプライバシーに十分配慮して対応してくれるので、安心です。過払い金は、既に返済し終えた借金を対象とし、もはや借金ではないので債務でもありません。

従って、過払い金の請求は債務整理に当たりません。請求すると、100万円以上も返ってくることもあります。もちろん、貸し付け期間、金額によっても異なります。過払い請求しなければ、絶対に返ってこないお金ですから、まずはお近くの弁護士事務所に相談するといいでしょう。

過払い請求と債務整理は全く異なります

過払い請求と、債務整理を一緒と勘違いしている方が多くいます。過払い請求は、返済し終わっている借金に対し、多く払いすぎた利息を過去に遡って請求する制度の事なので、これはいわゆるブラックリスト等に載る事はないので、今まで通りの生活を送る事が出来ます。

一方債務整理は、自己破産や任意整理など行い、借金をなかったことにする制度のことです。この制度を利用すると、借金は無くなりますが、ブラックリストに載ってしまうので、今後ローンなどは組めなくなります。このような制度については、弁護士等が詳しく知っているので、相談窓口に相談してください。大阪などでは、無料相談も行っています。

過払い請求と債務整理の特徴の違いとは

過払い請求と債務整理の特徴についてですが、まず過払い請求に関しては、借金の返済が終わっている人が対象となります。払いすぎてしまった利息がないかどうかを調べ、万が一払いすぎてしまった場合には、債権者に対して法的に請求をすることができます。

そして債務整理は、任意整理や個人再生、自己破産などの法的な手段があり、抱えている借金の深刻度や返済能力、財産などをみて手段を決めていくことができます。一人で手段を決めていくのは、至難な技となりますので、東京や大阪にある専門の機関に一度相談してみることをおすすめします。

債務整理で返済中の過払い請求における各専門家の違いとは

大阪に限らず全国各弁護士や司法書士で相談をして、返済期間中の過払い請求を行うと、取り立てを止めることが可能です。これは法律として決められていて、「賃貸業者は債務者への直接取引は一切禁止」という賃金業法がありますので、サイトを見て、弁護士だから止められるというニュアンスを感じているなら、司法書士も同じだということを覚えておきましょう。

ですが140万を越えるものであったり、複雑な状況の場合は弁護士に依頼した方がスムーズに解決できるようです。債務整理の返済中の過払い請求で、借金がなくなったり、お金が戻ることがありますので確認することが賢明です。

過払い請求の記事


更新日:2013年4月19日