賃貸を知ろうよ!

弁護士

債務整理を行う場合、債務の総額が140万円を上回るかどうかというのが一つの目安になります。というのも140万円を超える場合は司法書士には交渉権や訴訟代理権が認められていないからです。この場合は弁護士に依頼せざるをえません。

しかし、140万円を下回る場合には交渉権も訴訟代理権も認められています。この場合には弁護士と司法書士のいずれにも依頼できます。

ただし、自己破産や民事調停の場合は地方裁判所に申し立てを行わなければなりません。訴訟代理権は簡易裁判所向けのみに限られており、地方裁判所へはできないので取り扱うことはできません。

ですから、任意整理や過払い金などの債務整理の場合のみになります。そのような場合には司法書士の方が料金が格安になります。

いろんな事を知りたい離婚の相談

もし、弁護士などが行っている離婚の相談を受ける機会があれば、ぜひその機会にいろんな事を知りたいですね。相談では離婚を法的な観点からみてどうなりそうか、という事についてアドバイスをもらえる事があります。

たとえば、離婚に至る経緯を相談で弁護士に伝えると、無事に離婚ができそうかどうか、また慰謝料や財産分与はどの程度受け取る事ができそうか、などという事について聞く事ができます。

離婚するといっても実感がなく、これからどうなるのかと漠然として不安を抱いている人も多い様ですが、相談を受ける事でもう少し具体的に考える事ができる様になるかもしれませんね。平行線をたどってしまっている人は、ぜひ相談を受けたいですね。

大活躍する離婚弁護士

残念ながら、結婚しても離婚をしてしまう夫婦というのは多い様で、その際には離婚弁護士が大活躍する事になります。離婚弁護士は無事に離婚ができる様にするために、いろんなお手伝いをしてくれます。

話合いをするというのは簡単そうに思えて、離婚を控えている夫婦にとっては難しい事もあります。離婚をする人にとって、間に離婚弁護士が入ってくれるというのは、多いに負担を軽減する事につながるケースも多い様です。

話し合うべき内容は離婚弁護士が、しっかりと話をしてくれます。離婚弁護士が力を発揮してくれる事によって、ようやく解決する事ができる問題も多いのではないかと思います。円満に離婚をしましょう。

モラハラ離婚に至る原因とは

結婚する前は、ちょっと強引なところがあって自分を引っ張っていってくれてとても頼もしく思っていたのに、結婚して二人で生活するようになったらその頼もしさが次第に支配になっていくことがあります。

その原因は、自分に甘く他人に厳しいという自己中心的な性格です。夫である自分より妻を劣ったものとして、その人格を馬鹿にしたりささいな失敗を大声であげつらったりと追い詰めていくのでモラハラ離婚と至ってしまうことがしばしばあります。

自分が一番正しく、他人のいう事などは聞きはしないのでモラハラ離婚という事態になっても、悔い改めるふりはしても時間が経てばまた逆戻りするので、弁護士など信頼できる人を介して離婚の話し合いをしましょう。