賃貸を知ろうよ!

過払い請求には時効がある

これまでに借金をした事がある人で、過払い請求の対象となっている人は、いつでも好きなタイミングにこの過払い請求を行う事ができる分けではありません。時効がありますので、一定の期間を過ぎてしまうと、過払い請求はできなくなってしまいます。

ですので、過払い請求をしようかなと思っている人は、時効について気を付けないと、知らない間に過ぎてしまったりする事もあります。過払い請求の時効については通知されたりする事はありません。

時効が気になる様であれば、時効ぎりぎりになるまで放置するのではなく、完済をした後には手続きをするかという事を考えて、必要だと判断した場合には実行する様にしたいですね。

過払いを司法書士に話してみる

借金の返済というのは、ほとんどの人にとって過酷なものであり、途中で辛いと感じたりしんどいと感じたりする事もあるでしょう。

そんな人にとって、返済しないといけない金額が少しでも減ると嬉しいという人は多いでしょう。

過払い金が発生している人であれば、司法書士に相談してみると、もしかすると残りの返済しないといけない金額が少し減るという可能性も全くない分けではありません。

過払いはごく一部の債務者にのみ該当しますので、司法書士に相談したとしても、全く過払い金自体がない場合もありますので、過度に期待しすぎない方がいいでしょう。

でも司法書士に話をすると、金額を調べてくれるので、分かれば諦めもつきそうですね。

過払い請求の金額を調べよう

過払い請求の金額の相場に関しては、今や多方面のテレビやラジオなどで特集が組まれることがありますが、常日ごろから過払い金の総額をきちんと把握することがおすすめです。

また、借金の問題を早期に解決したい場合には、熟練のスタッフがそろっている法律事務所を選ぶことがコツとして挙げられます。

現在のところ、過払い金のトラブルの対処法について、ネット上で取り上げられる機会が増えており、仕事や家事などの空き時間を使いながら、便利な情報を得ることが良いといえます。

その他、過払い請求の必要性をじっくりと検討することが肝心です。

司法書士に自己破産の手続きを依頼する場合の注意

司法書士に自己破産の手続きをする場合には、現在ある借金の情報すべてを正確に提供することが必要です。そうしないと正確に書類が作成できないばかりでなく、裁判所に提出した際に大きな問題となります。

また司法書士は弁護士と異なり、その総額が140万円を超えたり、裁判所で却下された場合にはその後の手続きが出来ないので注意が必要です。

さらに、過払い金が有るからとその返還を受けたり、借金の返済を行ったり、さらには新たな借金をしたりすると裁判所の手続きが停止され、自己破産の手続きが停止する仕組みとなっているので注意が必要です。

多重債務で過払いがあれば元金がすでに完済済みかも

多重債務の人でも、過払いがあればすでに元金が完済済みで、借金から解放される可能性があります。この条件に当てはまる人は、グレーゾーン金利が撤廃される前から借りている人で、時効が完成していない人です。時効については、最終取引日から10年であるため、現状多重債務であるという事情があれば当てはまりません。

過払いは、返還請求をしないと、業者の方から返してはくれませんのでそのまま借金が残ることになります。したがって、もし過払いがあると判明したら、業者に対して請求をしなければなりません。そして、業者が任意に支払わない場合は、訴訟によって請求を行います。

過払い金請求するときの委任状について

過払い金の請求をするときには、弁護士や司法書士などに委任状を提出する必要性が生じるため、実績のある法律事務所において、具体的な相談をすることが良いでしょう。

また、委任状の記載事項に関しては、それぞれの債務者の状況によって、大きな違いが見受けられることがありますが、無料相談の機会を利用しながら、顧客対応の優れている弁護士や司法書士事務所の特徴を把握することが大事です。

また、過払い金の返還のポイントについては、多くの債務者が分かりにくいところがあるため、利息の計算方法や返済期間の長さなどを早いうちから確認することが重要です。

過払い請求と債務整理の違いは

過払い請求は、利息を多く払いすぎた人が、返してもらう制度なので、基本的には債務整理ではありません。なぜなら、過払い金請求はすでに返済が完了している事案に対し、過去にさかのぼり返金を求めているからです。債務整理は任意整理、個人再生、自己破産などをした時に言います。

ですが、切っても切れない関係なのです。任意整理を行う場合、法律家の立ち合いの元必ず利息の引き直しが行われます。大阪や東京には多く事務所があります。これを一緒にしてしまい、勘違いされる方が多くいます。しかしながら完済した過払い金請求は、債務には当たりませんが、返済中の過払い金請求は任意整理となります。

過払い請求と債務整理は同時に可能

大阪などの都市を中心に、全国には弁護士が在籍する法律専門機関が多数見受けられます。多額の借金に悩む場合、法的手続きを進めて債務整理を行うことによって、問題解決への糸口へと繋ぐという方法があります。

自己破産をはじめとする関連手続きについては、それぞれメリットやデメリットなどもあり、自分の状況に応じた解決策の計画が必要となります。また手続きを進めると同時に気にしたいのが、過払い請求です。長い期間に渡って借金の返済を行ってきた場合、支払いすぎた利息分のお金が戻ってくることもあります。専門家への相談などによって過払い金の有無を把握することも重要です。

債務整理における過払い請求について

借金の返済における払いすぎた利息は過払いと呼ばれており、返済を続ける中で、金融業者などとの関係が長く続いた場合、過払い請求によってお金が手元へ戻ってくることがあります。大阪などに見られる専門機関では、弁護士などの国家資格を持つ専門家によって、債務整理などの手続き業務が取り扱われています。

過払い請求においても、正式な手続きを進めることによってスムーズに行うことができるため、専門家への相談も重要なポイントとなります。損をしないために正しい知識や情報を取り入れることも、借金問題に関する大切な要素となるでしょう。

過払い請求と債務整理は同じか

過払い請求は、利息制限法及び出資法上で設定されていた金利に差があったことに端を発します。差はグレーゾーン金利を生み出し、お金を借りている人が余分に金利を払う状況になっていました。過払い金は、既に返済し終えた過去の借金に対して払いすぎていたものですので、債務整理には当たりません。

請求しなければ返ってこないものですので、過払い金に詳しい弁護士に相談するのが一番です。家族や友人に知られたくない場合でも、プライバシーに充分に配慮してくれるので安心です。大阪でも、過払い金に詳しくその請求に実績がある弁護士がいます。

過払い請求の記事