賃貸を知ろうよ!

考えておきたい交通事故慰謝料による弁護士の利用

きっと交通事故慰謝料や弁護士とは関係のない日々を送っている人は多いだろうと思われます。しかし、交通事故慰謝料や弁護士というのは、いつ必要になるか分かりません。いざ必要になってから考えるというのでは焦ったり、慌てたりしてしまう事もあると思います。

ですので、交通事故慰謝料による弁護士の利用については、何もない現段階から考える様にしたいですね。ただ交通事故慰謝料や弁護士について考えるというだけではなく、加入している保険の見直しにつながる事もあると思います。

自分が当事者となれば、交通事故慰謝料による弁護士の利用を真剣に考える様な事もあるかもしれません。できる事は済ませておきたいですね。

交通事故慰謝料の実際の金額は

交通事故慰謝料は保険会社との交渉で決められていきますが、実際どれくらいもらえるのか非常に気になる部分です。ここで大事な事は示される金額で示談にしてしまうことは損をしてしまう事が多いということです。

例えば過失割合が相手が100パーセント悪い場合でも大きく変わってくる傾向があります。最初に示された金額が70万程度で弁護士に依頼することで実際にもらえた金額が倍の150万に増えたという事例もあります。インターネットではどのような交渉で最初の金額が変化して交通事故慰謝料を受け取る額が変わったかすぐに調べる事が出来ます。

交通事故の後遺障害の慰謝料や損害賠償について

交通事故の慰謝料や損害賠償の金額に関して知りたいことがあれば、前もって腕利きの法律家が在籍している法律事務所を尋ねることがとてもおすすめです。現在のところ、交通事故の危険性に対処をするにあたり、プロの弁護士や司法書士などにアドバイスを受ける人が増えてきており、いざという時に備えて、便利な情報を集めることが大事です。

そして、後遺障害の認定を受けるためには、数カ月から半年以上の期間が掛かることがありますが、まずは信頼度の高いスタッフのそろっている法律事務所に相談をしつつ、役立つ知識を得ることが肝心です。

交通事故慰謝料の過失割合の相談は弁護士に

交通事故慰謝料は、被害者側にも落ち度がある時、過失割合に応じて減額がされます。しかし、多くの事故では、被害者側にもなんらかの過失があります。加害者や保険会社は、そこにつけこんで損害賠償の金額を少なくしようとしてくることがありますが、弱気になってはいけません。

被害者側に過失があっても、100%の損害賠償が認められるケースも多いです。交通事故慰謝料に関わらず、治療費や休業損害などにも関わってきます。

たった10%でも過失割合が認められてしまうと、大きく損害賠償の金額が減額されてしまうので、交通事故慰謝料については弁護士に相談だけでもするようにしましょう。

交通事故慰謝料の相場とは

交通事故慰謝料の相場は、判決によって現れているものを示しているほか、実務的に示談をする場合、どれくらいの金額で話をまとめることが多いかなどの基準で示されます。しかし、統計を取っているわけではないため、この辺は経験に基づくものとなります。

例えば、裁判で争う場合は、同じような事情の人が過去にこれくらいの認容額を得ていたから、これくらいで行けるだろうというような感じで利用されます。もちろん、裁判を例にとれば、交通事故慰謝料を請求する側が自由に請求額を決めて訴えることができます。しかし、訴額が大きくなればそれだけ訴状に貼る印紙代が高くなってしまいますので、無難な落としどころを見つける必要があります。その時、過去の事例が役に立ちます。少なくとも過去の事例で認められていることから、そのくらいまでなら認容されうるということがわかるからです。

相場は、具体的な事情ごとによって異なりますので、一律にいくらかは示すことができません。似た事情でも、そのちょっとした違いが大きな違いを生むことも多いです。弁護士なら、この点は勉強して事案の違いや判例の射程を理解していますから、相談をすることで適切なラインを助言してくれます。

交通事故慰謝料は保険会社基準にすると損・・?

交通事故が原因で怪我をしてしまったときには、賠償金で治療費を補うことになります。 しかし、示談交渉で加害者側が提示してきた保険会社基準で割り出された交通事故慰謝料を含めた賠償金で合意してしまうと、損をしてしまう可能性が非常に高いです。 保険会社基準とは、加害者が入っている自動車保険会社が定めている交通事故慰謝料の金額を決めるための基準のことです。 保険会社基準は、自動車保険会社が自社の利益を確保する目的で金額を定めているため、被害者の精神的な苦痛を補償するという本来の目的とかけ離れた金額の設定になっていることがほとんどです。

実際に負った精神的な苦痛に近い賠償金を獲得するためには、交通事故の賠償金の決め方に詳しい弁護士と相談するのが良い方法になります。 注意が必要なのは、弁護士も実際に負った精神的な苦痛をヒアリングして賠償金の金額を割り出すのではなく、これまでに行われてきた交通事故の賠償金を決めてきた裁判の判例に基づいた裁判基準というものを使って割り出すということです。 とはいえ、保険会社基準で決められた賠償金の金額よりも、被害者が負った精神的な苦痛に近い金額が割り出されるということには違いがありません。

交通事故慰謝料における内容について

交通事故慰謝料には3つの基準をもとに支払いがされていて、選ばれる基準によって同じ事例においても、交通事故慰謝料の金額は大きく変わってきます。不慮の事故は突然訪れてしまうもので、その際にどのように対処するかで、支払われる慰謝料や対応が大きく変動してしまいます。

そのようになった場合に、交通事故弁護士に依頼するかどうかは、大きな決断となります。しかしながら、依頼せずに自力で示談交渉をおこなうのは、むずかしいとされていますので、慰謝料を増額したい場合には交通事故弁護士に依頼することは必須になってきます。

交通事故弁護士の記事