賃貸を知ろうよ!

多岐に渡る離婚の相談内容

もし、お互いに決意をして離婚をする事になったのであれば、書類を記入して提出すればいいので手続き自体はそんなに難しい事はないかもしれません。

しかし、離婚の相談内容としては、離婚の方法だけでなく、子供や家族の事、または慰謝料などの費用の事などいろんな事について相談する人もいます。

離婚は二人の問題とは言い切れない事もあり、子供など家族に大きな影響を与える事もあります。弁護士などが相談を受け付けている事も多く、現実的にいろんな問題がある場合も多いでしょう。

離婚をする前に家族に相談するのはもちろんですが、法的な問題なら専門機関を探して相談する様にしたいですね。将来の事についても考えたいです。

離婚相談を弁護士にして慰謝料をとる

W不倫などをしてしまう人も結構増えており、そういった場合に、有責配偶者にはかなりの慰謝料請求がなされてしまうことになります。確実に有責配偶者やその不倫相手に対して慰謝料請求を行うためには、弁護士を通じて離婚相談をすることが確実です。

法的な手続きなどに熟知している弁護士であれば、しっかりと相場に見合う請求をすることができるので、依頼するメリットは十分にあるでしょう。 もし、裁判になってしまった場合でも、代理人としてサポートをしてもらうことができるので、依頼する報酬に見合う慰謝料請求を行うことが可能となるでしょう。

大阪弁護士会所属離婚弁護士 みお綜合法律事務所 大阪、京都、神戸。JR大阪駅すぐ。

モラハラ離婚の特徴について

モラハラとは、言葉や態度で精神的に傷つけたり、不安にさせて相手を洗脳し支配することであり、近年夫婦間でこの問題は多く見られています。

密室で行われるため、された方は自分を追い込んでしまうことになりかねません。モラハラ離婚を決めてそれを通達すると、モラハラしてた方は絶対に自分の非を認めないため、離婚調停になることが多いです。

ここで、モラハラの人の特徴である外面の良さが出て、調停員に良い印象を与えることが多く、向こうが有利の方向になびくことが多いのです。モラハラ離婚する場合には、しっかりと相手のモラハラの証拠などを準備しておくことが必要です。

弁護士になるには

弁護士になるには日本で最も難しいと言われている司法試験に合格しないと行けません。

司法試験は合格率が非常に低く「現在の科挙」と言われるくらいに難関です。大学で法律を専攻していたからと言って合格できるとは限りません。

また、弁護士になるには長い時間が必要になります。弁護士を志したからといってすぐになれるわけではありません。

弁護士は人の人生を変えてしまう事もあるくらい、社会では重要な役割を担っています。そのため、非常に高度な能力を兼ね備えた人でないと業務を扱う事はできません。

実績で選ぶ人もいる弁護士

昔の様に弁護士事務所を探すのは面倒な事ではなくて、今ではネットで検索するとたくさんの事務所がヒットします。問題はその中からどの事務所に決定するかという事が大事になってきます。

事務所の選び方ですが、何を重視したいのかという事で選ぶべき事務所は違ってくるだろうと思いますが、その中には実績を元に選ぶ人もいます。

これまでに扱ってきた問題の数が多い場合には、かなりいろんな問題に幅広く対処してくれそうですね。難しそうな問題を相談する場合には特によく弁護士を選ぶ様にしたいですね。

何年も仕事をしているベテランの人を選びたいという人もいます。
よく考えて選ぶ様にしたいですね。

離婚相談の記事