賃貸を知ろうよ!

TOP 藻場再生や磯焼け対策 磯焼け対策の原因

磯焼け対策の原因

磯焼けは磯枯れといわれることもあり、海で海藻が減少することで海藻を棲みかにしたり餌をとる生物が少なくなる状態です。

磯焼け対策は、それを解消する対策です。大きな原因は、地球温暖化で海水温が上昇して、環境が変化していることにあります。他にも、海藻を好む生物がこれまでより長期間に渡り海藻を食することもあるといわれていますが、詳しいことがハッキリしている訳ではありません。対策としては、工場などからの汚染水の流入を防いだり、砂が入り込まないようにしたりするのも効果的です。しかしながら万能な対策ではないので、一つずつ試していくしかないでしょう。

藻場再生ってどういう活動のことなの?

藻場再生という言葉を聞いたことがありますか?あまり日常で聞くような単語ではありませんが最近ニュースやドキュメンタリーなどを見ているとたまに耳にすることがあります。

どういったことを指すのかと言いますと、海の森と言われている藻場を再生するための活動のことをいいます。

近年、地球の砂漠化や温暖化によってこの藻場がどんどん少なくなっており、その結果漁業などに大きな影響を及ぼしており、獲れる魚の種類や量がどんどん減ってきてしまっています。そうなってくると当然漁業を生業にしている人は自分たちの生活に大きく関わっているのでこういった人が表にたって活動をしています。

地球環境の保護にも繋がる藻場再生

地球環境の保護には、様々な方法があります。砂漠化の防止やゴミ削減のほかにも、森林環境を整えることも挙げられます。ですが、その中でも海から環境を保護するには、浅瀬に生える藻場再生をさせることです。

藻には、海の環境を整えて、魚や貝類などが住みやすい場所を提供してくれます。また、アオリイカの産卵所にもなり、生態系を維持するためにも必要不可欠な存在です。近年、この藻が減少している事態となっており、赤潮の原因となるプランクトンが大量発生するのも、根本には藻場の影響が強いと言います。海の生態系を維持するためにも、藻場再生が必要となってきています。

地道な努力が必要な磯焼け対策

昨今の日本で多く見られる磯焼けに対して、早急な対策が必要とされています。海からの恵を得て生活している漁業や水産業に大きな影響を与え、私達の食にも大いに関係があります。

わかめや海藻が生えている藻場が失われ、砂漠の様になってしまうことを磯焼けと呼びますが、ガイドラインも制定され、藻場を回復させるための取り組みが行われています。

原因となるウニなどの生き物を取り除いたり、その藻場の環境を回復させるための対策などを行っています。すぐに回復できるものではないため、磯焼け対策には地道に時間をかけて努力を続ける必要があります。

藻場再生によって漁業を盛んに

最近ニュースなどで漁業が廃れてきているという情報を見かけることがあります。万が一このまま漁業をやる人がどんどん減っていってしまったら、どうなるのかというと魚介類の値段が上がっていきますし、当然魚介を使用しているお料理もどんどん値上げということになります。そういった事態になるのを防ぐべく現在では漁業に携わっている人たちが率先して藻場再生作業を行っており、水産省も力を入れるようになってきました。

こちらが難しいのは人為的要因だけではなく、環境的要因も大きいという所です。現在では科学技術も進歩してきており、より効率的に作業が行える方法が考えられています。

藻場再生や磯焼け対策の記事

メニュー

賃貸暮らしHOME 賃貸マンション 賃貸 大阪 賃貸事務所 レンタルオフィス レンタルオフィス大阪 磯焼け対策 藻場再生 交通事故相談 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 過払い